家老衆:
「これはこれはようこそ参られましたな。この場にて我々と共に談義を致しましょうぞ。