×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




■上越謙信公祭
(新潟県上越市・JR信越本線春日山駅下車徒歩約15分)

この祭りは「日本一過酷な祭り」としてつとに知られておりまする。

それもそのはず、8月中旬という最も暑い時期に重い甲冑を着用して春日山から市内を行進したあと、合戦会場にて激しい合戦を繰り広げるのであるからそれは至極当然のことでしょうな。

しかも武者達の鎧は足軽用として一般に用いられている軽量の畳鎧などではなく、全員が副将クラスで用いられるような重い桶側二枚胴鎧を着用するのであるから、一度でもそういった鎧を着用されたことのある御仁はその過酷さは察して余りあるものがありましょう。

にもかかわらず、この祭りには毎年全国から猛者が集ってきており、しかも年々その数は増えてきているのでありまする。
それは祭り特有の高揚感もさることながら、祭りの後の地元の方々や参加者が一同に集う打ち上げもまた格別なものがあり、一度でもこの祭りに参加された御仁は二度と忘れられない祭りとなるからです。
また、この祭りの開催される上越市及びその近辺の市町村には謙信公関連の史跡や大小の山城が数あまたあり、上杉愛好家ならずとも歴史好きにとっては垂涎の地であることもこの祭りが人を惹きつけてやまない理由の一つとなっておりまする。



またこの祭りは謙信公の遺徳を偲んで、大正15年より開催されている日本有数の歴史ある時代祭りでもあり、2005年度の開催で80回目となる。


上越市公式家頁はこちら


尚、以下に祭りの募集についての概略を参考までに御紹介致しまするが、詳細は毎年変更になるため、上記の上越市の担当の方にメールないし電話でお問い合わせ為されたほうがより確実かと思いまする。

【謙信公祭案内】

開催日時:8月中旬

募集期間:7月1日~中旬

募集人員:男女約150名

参加資格:個人参加可能。団体でも受付している。

参加料:500円。観覧は無料


尚、それがしも2002年から2005年まで参加させて頂いたので御座りまするが、その時の戦記をご紹介致しまする。

2002年 2003年 2004年 2005年
その1 その1 未編集 未編集
その2 その2
その3 その3
その4 その4
その5
その6
その7